M&Aコンサルタント

ここ数年日本企業は本格的に海外企業のM&Aに乗り出すようになっており、国内での人口減少、 高齢化といった状況をインオーガニックな海外展開で補おうとする動きがかなり明確に顕在化しつつあります。

こうしたM&Aのサポートをする役割を果たすのがM&Aを含めたアドバイザリーファームの役割となります。 アドバイザリーファームは会計系のファームが国内に立ち上げているものが多い状況ですが、 業務的には銀行のM&Aアドバイザリーもこれと競合する位置づけになります。

具体的な案件をもって対応してくるということでいいますと、銀行のほうがこうしたディールを得意としている とも見えますが、M&Aの話は登場するソースが多岐にわたっているので、第三者的な立場でコンサルティング を行うのがアドバイザリーファームということになります。

このファームももともと投資銀行でビジネスディベロップメントを行っていたというような人物が転職 してきているケースが多く、登場する人物のケイパビリティはかなり近いものがあります。
M&Aの場合、単純に買値が損か得かといった問題もありますが、購入するサイドのタイミングの問題とも かかわる部分が多く、単純には割り切れないのが実情となります。

したがって外部から見ていると円安のこの時期に買わなくてもいいのではないかと思われるようなディールも よく見受けられることになりますが、購入先が様々な事情を勘案してそれでも今がベストタイミングである と見極めれば話が進むことも多くあり、すべてが合理性だけで完結するビジネスではないところにも注意が必要となります。

したがってそうした付帯状況も十分に理解して話を進められるような人物が適格者ということになります。
客観的な判断とともに、各企業のかかえる個別事情も理解できる懐の深い人材が求められることになるのです。 M&Aは今後とも国内企業には必要不可欠のものとなっており、直近で生保や損保業界がM&Aに乗り出しているように、 これまで動きのなかった業界や産業に大きなチャンスが訪れようとしていることがわかります。

PMO・SAP案件の紹介